<< 国会議員5人に現金、中国企業顧問が供述 | main |
2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2020.02.03 Monday

    スイッチ、3年でスーファミ超え

    0

      任天堂が発売する家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の累計販売台数が、同社が1990年に発売したスーパーファミコンを超えたそうです。

       

      任天堂によると、ニンテンドースイッチの累計販売台数は2019年12月末の時点で5248万台で、スーパーファミコンの累計販売台数4910万台を大きく上回っています。

       

      スーパーファミコンは、任天堂の名をゲームメーカーとして世に知らしめた家庭用ゲーム機第1弾「ファミリーコンピューター」、通称ファミコンの後継機で、スーファミの通称で知られます。市場ではファミコン登場後に、セガとNECがそれぞれハードとしてはファミコン以上の性能を持ったメガドライブとPCエンジンで参入していましたが、後発でファミコンとの互換性もなかったスーファミはそれらを抑え、シェアを独走。世界市場でもヒットさせ、任天堂はゲームメーカーとしての地位を不動のものとしました。

       

      そのスーファミ、販売開始は1990年11月21日で、2003年に生産が終了しています。累計4910万台は10年以上かけて達成した数字なのですが、スイッチは2017年3月3日に発売を開始、3年を待たずに五千万台以上を販売、スーファミの数字を大きく更新したことになります。

       

      これは市場そのものが拡大した事も大きいでしょう。スーファミは中国では発売されませんでしたが、スイッチは2017年12月から中国での販売を開始しています。ダウンロード販売の普及による流通の進化もあります。

      2020.02.03 Monday

      スポンサーサイト

      0