<< ケンブリッジ・アナリティカ、破産を申請 | main | 給与支払いに電子マネー解禁へ >>
2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.08.20 Monday

    居合道の段位審査で金銭授受

    0

       全日本剣道連盟が認定する居合道の段位と称号の取得に、金銭の授受が横行していることが明らかになりました。

       同連盟の会員が内閣府に後発上を提出、内閣府は日本スポーツ協会(JSPO)と日本オリンピック委員会(JOC)に対して調査を求め、近く立ち入り検査を行う予定です。

       段位を取得するため審査員に現金を渡す習慣は、昭和40年代に始まり、仲介役が受験者から現金を受け取って審査員に分配するのが常態化していたと言う事です。

       同連盟は昨年1月、審査員を経験した10人以上から聞き取り調査を実施。その結果、全員が金銭を受け取った経験がある事が判明。ただし、全員が自身の昇段試験で現金を支払ったことは否定しているそうです。

       段位が金で売買されていたって事ですね、これが武道なんでしょうか?。しかも、反省していることを理由に処分が猶予されている上、茶道や華道にも良くあること、と開き直っていると言いますから呆れた話です。完全に体質の問題でしょう。

       全日本剣道連盟は公式サイトで、「剣の理法の修錬による人間形成の道」「心身の健全な発達」「豊かな人間性の涵養」などを理念として掲げていますが、実態が金銭による段位の売買では。

      JUGEMテーマ:スポーツ全般

      2020.02.03 Monday

      スポンサーサイト

      0