<< 栃ノ心、初優勝 | main | 居合道の段位審査で金銭授受 >>
2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.05.03 Thursday

    ケンブリッジ・アナリティカ、破産を申請

    0

       フェイスブックから流出した個人情報を取得、アメリカで一昨年に行われた大統領選挙に利用したとされるイギリスのデータ分析会社が、破産を申請したそうです。

      破産を申請したのはケンブリッジ・アナリティカで、選挙のコンサルティングなどを行っていましたが、「根拠のない批判を受け、顧客が離れた」と疑惑を否定する声明を発表、全ての業務を停止して破産を申請するとしています。

      この疑惑は今年3月に発覚しました。海外の複数メディアが、5000万件を超える個人情報がフェイスブックから本人の了解無く流出、ケンブリッジ・アナリティカによって選挙対策に利用されていたと報じました。そして、ケンブリッジ・アナリティカに選挙対策を依頼していたのがトランプ陣営だったため、なおさら世間の関心を集めることになりました。

      報道以来フェイスブックのボイコットを呼びかけるキャンペーンが始まり、幾つかの企業がアカウントを閉鎖するなどして、同社の株価は下落。アメリカ議会でも取り上げられるなど、社会問題化していました。

      今はケンブリッジ・アナリティカを利用している、と言うだけで社会的信用はがた落ちでしょうし、そりゃ顧客も離れるでしょう。

      JUGEMテーマ:気になったニュース

      2020.02.03 Monday

      スポンサーサイト

      0