<< 佐川急便、大口顧客に値上げ交渉 | main | 栃ノ心、初優勝 >>
2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.10.15 Sunday

    対馬のカワウソ、ニホンカワウソの可能性低い

    0

       環境省の12日発表によると、長崎県対馬市で2月、琉球大学がツシマヤマネコの調査のために設置した無人カメラに映っていたカワウソはユーラシアカワウソである可能性が高いそうです。

       日本には過去、ニホンカワウソが広く生息していましたが、乱獲や開発による生息環境の悪化で数が減少。1986年(昭和61年)に新荘川で死体が発見されたのを最後に生息の確認が取れておらず、2012年(平成24年)に絶滅種に指定されました。

       しかし、無人カメラがカワウソの姿を捉えた事を受けて、環境省は対馬全域を対象に調査を行っていました。

       ニホンカワウソ生存の大きな期待を集めた調査でしたが、フンなどを採取して遺伝子を分した結果から、映像に映っていたのはユーラシアカワウソの雄である可能性が高く、ニホンカワウソの可能性は低いとのことです。ユーラシアカワウソは朝鮮半島にも生息しており、韓国から渡ってきたものか、ペットとして買われていたものが野生化した個体ではないかと思われます。

       

      JUGEMテーマ:気になったニュース

      2020.02.03 Monday

      スポンサーサイト

      0