<< 新岳の噴火停止 | main | 難民の国技追放に法改正 >>
2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.07.23 Thursday

    IT大手、明暗分かれる

    0
       アップル(アメリカ)が21日に発表した2015年4〜6月期決算によると、売上高が前年同期比32・5%増の496億500万ドル(約6兆1500億円)、純利益が37・8%増の106億7700万ドル(約1兆3200億円)で、6四半期連続の増収増益となったそうです。

       一方マイクロソフト(アメリカ)が同日発表した4〜6月期の売上高は前年同期比5・1%減の221億8000万ドル(2兆7500億円)、純利益は31億9500万ドルの赤字(前年同期は46億1200万ドルの黒字)になり、IT大手の明暗が分かれました。

       マイクロソフトは、苦戦が続く携帯端末事業で昨年1万8000人を削減。今年に入っても7800人をリストラするなど、再編費用が響いています。

       アップルは主力製品のスマートフォン「アイフォーン6」と「6プラス」売れ行きが好調で、販売台数は35%増でしたが、市場予測に届いていなかったことから株価は下落しています。
      2020.02.03 Monday

      スポンサーサイト

      0