2020.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.12.18 Tuesday

    給与支払いに電子マネー解禁へ

    0

       現在の法律では認められていない、給与の電子マネーを使った支払いを、政府が解禁する方針を決めたそうです。

       現行法では、賃金の支払いには5つの重大な原則があります。その一つが通貨払いの原則。給与は通貨によって払わなければならず、現物支給などの通貨以外による支払いは禁止されており、電子マネーも通貨ではないため給与の支払いには使えません。

       その他にも、部分的な支払いや給与からの相殺を禁じた全額払いの原則。直接本人に支払う直接払いの原則。毎月払いの原則、定期払いの原則があります。

       しかし、改正出入国管理法が施行されれば、大量の外国人労働者が入国することになります。ところが、入国間もない外国人労働者には日本での銀行口座開設が難しいため、電子マネーを使った給与支払いを認めて、受け入れ体制を整える目的があります。

       日本はキャッシュレス決済の普及度が18%程度と、先進国の中では低く、政府はこれを40%まで引き上げたい意向ですが、改正出入国管理法は渡りに船という感じでしょうか。

       電子マネーで給与が支払われるようになれば、銀行口座が必要無くなるのですが、公共料金の引き落とし等も電子マネーに対応しないと、まだ銀行口座は必要でしょう。その辺はどうするのか、も今後の課題です。

      JUGEMテーマ:経済全般

       

      2016.09.17 Saturday

      民進党、新代表に蓮舫氏を選出

      0

        民進党は15日に東京都内で開いた臨時党大会で、岡田克也代表の後任として、同党の代表代行で参議院議員の蓮舫氏(48)を選出しました。

         代表戦には蓮舫代表代行の他、前原誠司元外相(54)と玉木雄一郎国対副委員長(47)の3人が立候補していましたが、蓮舫氏は1回目の投票で過半数を獲得して新代表となりました。任期は2019年9月末日までで、民主党時代を含めて初の女性代表となります。

         蓮舫氏は選出後のあいさつで「私たちが向かうべきは巨大与党だ」とし、自公政権への対決姿勢を鮮明にしています。

         しかし蓮舫氏、台湾との2重国籍が問題になっています。台湾も日本も2重国籍は禁止なのですが、それ以上にマズいのは、説明が二転三転していること。過去にマスコミのインタビューに答えて「自分は2重国籍」と答えたり「中国籍だ」と答えたりしていることが判明していますが、それに対して一切の説明がありません。経歴詐称で公職選挙法違反に問われる可能性がありますし、最悪の場合日本国籍を失うこともあり得ます。

        2012.11.18 Sunday

        首相、カンボジアに到着

        0
           野田首相は18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため、政府専用機でカンボジアに到着しました。
           20日にはアメリカのオバマ大統領との首脳会談をプノンペンで行う予定で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向け積極的な考えを伝える見通しです。

           しかし、既に解散して次の選挙も勝ち目がないと見られている首相と会談してくれるのですから、オバマ大統領も実に義理堅い。衆議院選挙は来月で、世論調査などでも民主党の敗北は確実。次期政権は自民党と公明党の連立に戻り、安倍総理大臣誕生は完全に既定路線となっています。そして野田総理が解散を宣言した翌日から、まるでそれを待っていたかのように株価は上がり円相場は下がり、民主党政権は完全に市場からも見捨てられた形です。こんなに凄いレームダックもそうそう無いでしょう。中国などは、相手にしても時間の無駄と言わんばかりで、見向きもしませんから。オバマ大統領も、野田総理がTPP反対派だったら合わなかったかも知れません。
          2012.02.05 Sunday

          仙谷氏が小沢氏けん制

          0
             民主党の仙谷由人政調会長代行は5日に放送されたNHKのテレビ番組で、消費税増税に反対姿勢の小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相に対し「社会保障安定化や子育て世代のための財源が決定的に不足していることへの危機感が弱すぎる」と批判しました。

             民主党は2009年の衆議院選挙前から「予算を組み替え無駄を無くせば16兆円削減出来、増税は必要ない」と言っていたけど、どうなったんでしょうね?。仕分けでも3兆円程度しか捻出できず、なのに子ども手当などは先行して実施したものだから出費はうなぎ上り。当然国債の発行額もうなぎ上りで国の借金は増える一方です。当初から若手議員の中にも財源を不安視する声はありましたが、藤井という幹部議員は「財源のことは言うな、出来なかったら御免なさいでいいんだ」と、信じがたい言葉が出てしました。しかし、民主党政権誕生の興奮に沸く中、マスコミはこの発言を全く問題視しませんでした。

             とにかく民主党には、自身が主張したような無駄はなかったのか、それともあったけど削れなかったのか。まずはそこをはっきりさせて欲しい物です。
            2012.01.12 Thursday

            経常黒字85%減

            0
               財務省が12日発表した2011年11月の国際収支(速報)によると、海外とのモノ、サービスの取引や投資の状況を示す経常収支は1385億円の黒字となり、前年同月比85.5%減で、東日本大震災が起きた3月以降9カ月連続して前年同月割れしているそうです。

               貿易収支に関しては、2011年は通年でも赤字になる見込みで、赤字は1980年以来31年ぶりのことです。原因は言うまでもなく、歴史的円高と欧米の景気低迷による輸出減。そこへ東日本大震災で東北を中心に工場設備が損壊、生産が滞り、福島第一原発事故の風評被害で日本産製品への買い控えが起きたこと。しかも、原子力発電所が次々停止いて電力が不足。それを補うために火力発電がフル運転したために、発電用の燃料輸入が急増して貿易収支を圧迫しています。そしてとどめはタイの大洪水。日本の製造業が多く進出しているタイで大洪水が発生、工場が被災して、こちらも生産がストップ。しかし、これだけの悪条件が続いても、まだ経常収支は黒字を確保するなど、この程度で済んでいるのは凄いと言えるかも知れません。